ゆるくメンヘラな変態女子大生のブログ

出会い系優勝に手を出したり、アングラに手を出したり。メンヘラで変態でオタクな、大阪住み19卒女子大生のブログ。

方向音痴でも目的地に辿り着く方法

こんにちは

方向音痴るーしゃんです。

ショッピングモールのトイレに入って、出てきたら元の場所に戻れないなんてこともしばしば。

こっちかな?と思う帰り道はだいたい逆で、よく迷います。

しかし、就活やら派遣バイトやらで、当日いきなり新しい場所に行くことにかなり慣れました。

ということで、方向音痴の人が道に迷わず目的地に辿り着く方法をお教えしたいと思います。

 

Googleマップ

私たち方向音痴を救ってくれるのがGoogleマップ

私は方向音痴を克服しつつありますが、Googleマップがなければ怖くて新しい場所へなんていけません。

紙の地図を見ても、自分がどこにいるのか、どっちに向かってるのかが分かんないんですよ。

Googleマップを見ると、現在地と向いている方向(携帯を向けている方向)が分かります。

いや、最強じゃない?

が、Googleマップがあってもちょっと難しい。

そんな人のためにアドバイスを。

 

ナビ開始ボタンは押さない

Googleマップって、現在地と目的地をセットして、そのあとナビ開始ボタンを押しますよね。

そうするとここで右折するとか横断歩道を渡るって教えてくれる。

でもこれをすると、自分が動くたびに地図がぐるぐるしてめっちゃ見にくい。

自分が目的地に近づいているのかもよくわからない。

なので、現在地と目的地をセットしたあと、ナビ開始ボタンを押さずにナビを使うことをおすすめします。

もともとは友達から聞いた使い方なんですが、とても便利です。

 

こうすると、地図は動きません。

現在地の場所は青い点で示され、自分が動くと青い点も動いてくれます。

目的地までの到着時間は更新されないけど。

また、青い点のところに三角がついていて、自分の向いている方向も分かります。

三角ってなんやねん?

ごもっともです。

一度Googleマップを立ち上げてみてください。

そしたら分かってもらえるかと思います。

 

初めに方向を調べておく

例えば、御堂筋で梅田駅からなんば駅へ行って、なんば駅から日本橋アニメイトに歩いて行くとします。

こんな風に調べると、梅田からなんばに行くとき、電車が下(南)に向かうことが分かりますね。

f:id:Lu_cian:20180521162119j:plain

なんばが梅田より南にあるって知ってる人なら、調べるまでもないんだけども。

 

で、そのあとはなんばからアニメイトまでの経路を調べる。

そしたら、アニメイトはなんばより下。

それも右下にあることが分かります。

f:id:Lu_cian:20180521162128j:plain

上から下に向かっている電車に乗っているわけですよね。

そしたら、電車に乗るときは前のほうの車両に乗って、進行方向側を向いて左奥の方の出口から出ると、アニメイトに近いところから出れるわけです。

ま、考えてみたら当たり前のことなんだけどね。

 

遅刻しちゃダメなときは前の日にここまで調べておくといいです。

就活なんかの時は、企業からのメールに何番出口から出てくださいと書いてあるかもしれません。

書いてあれば、わざわざ自分でこんなことをしなくても大丈夫ですね。

 

ビルの名前・階数をチェック

目的地のかなり近くまで来ているのに、目的地がどこなのかわからない。

なんてことありますよね。

行き先がビルの中に入っている場合は、ビルの名前を始めに調べておきましょう。

ビルにはだいたいでかでかと名前が書いてあるので、それで発見出来ます。

また、行き先の階数もちゃんとチェックしておきましょう。

Googleマップで階数まで表示してくれる場所はごく一部です。

 

知っている道を使う

大都会で移動するときは、少し遠回りになるとしても知っている道を使うことをおすすめします。

マップ上では行けるようになっていたとしても、横断歩道や歩道橋がなかったり、道が繋がっていなかったりなど意外と通れなかったりします。

そのせいで今まで梅田で何度迷ったことか…。

急がば回れ

時間がないときは、自分の知っている道を使って確実に目的地を目指しましょう。

 

まとめ

私はこんな感じで何とか初めて行く場所にも1人で行けるようになりました。

Googleマップの使い方が分からなかったときは、駅員さんに目的地までの行き方を聞きに行ったりもしてました。

 

とくに、方向音痴の就活生やこれから就活をするみなさん。

これらを参考にしてみてください。

道に迷わなくなると、自由な時間ももっと取れますよ!